初めて利用するならこれだけは知っておく!

収入証明書類とか提出したり申し込みって面倒なんじゃない?

「そんなにおおきな金額を借りるわけじゃなくても、
いろいろ書類を提出しなきゃ審査に通らないんじゃないの?ちょっと面倒だな。」

「お金を借りるんだから、契約するんだし印鑑とかも実印とかじゃなきゃダメなんじゃない?
それに収入証明できる書類ってすぐに用意するの、結構大変なんだよな。」

こんな風にお考えの方多いんじゃないでしょうか?
いえいえそんなことありませんよ。
例えば消費者金融で10万円借りる場合に用意しなければならないのは

  • 本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)

これだけです。印鑑は実印も認印も必要ありません。収入証明書類も不要です。
消費者金融からの借り入れで、収入証明書類が必要となるのは、

  • 50万円以上の借り入れ
  • 他社借り入れとの合計が100万円を超える場合

この二つの場合だけなのです。

だからって年収の申告で嘘書いてはダメです。

収入証明書類の提出が不要なら、申し込みのときにちょっとサバ読んだ年収を書けば、
とか、ついでに他での借り入れもないことにしたほうが審査で有利なのでは?
と思いついた方いませんか?そんな風に思ってしまう気持ちもわかりますが・・・。

これ、ほんとに誤差といえる範囲内でちょっとだけサバ読むとかなら問題ないかもですが、
それでも後々良いことありません。もしも自身で借りられる額以上の融資を受けることができたとしても、
返済はやはりとても厳しくなります。

他の借り入れ履歴に関しても同様です。審査に通るものも通らなくなってしまう可能性があります。
消費者金融の利用は初めてでもこれまでにクレジットカードや自動車ローン、住宅ローンなど
何がしかの借り入れがある場合は、個人信用情報に以前の履歴が記録されていて、
この履歴と照合するのも審査の一部なのです。申告内容はできるかぎり正確にするよう心がけましょう。

貸金業法と銀行法の違い

消費者金融において、上に挙げた二つの場合での収入証明書類の提出義務は、
業者において自主的に行っているものではなく、貸金業法によって定められたものです。
なので、この決まりを守らずに融資してしまうと、法的にまずいわけです。

また、こういった規制を設けることが、審査においてその都度判断しなければならない部分を
できるだけ簡略化するためにも一役買っているといえるわけです。

ちなみに銀行のカードローンにおいては、
融資額に関わりなく収入証明書類の提出は不要となっています。
これは銀行法による規制がないためなのですが、
そのかわりに自主規制的な枠組みが各行において設定されていて、
100万円以上、300万円以上など銀行によってまちまちです。