初めて利用するならこれだけは知っておく!

返済できる目途がある?ない?

消費者金融で借り入れをするという事は、
当たり前ですが利息をプラスして返済しなければいけません。

返済計画を立てるで返済計画の重要性について説明した通り、
返済の目途が立っていない状態で借り入れすると、借金が増えていくだけです。

返済の目途が立っていないと言う事は、入ってくるお金が少なく、
足りないという状況な訳で、当然次の返済においても
お金がない状態になることが多くなります。

そもそもお金が足りない状況で借入を検討する訳なので
お金がないのは当たり前なのですが、
返済計画が立てられない状況だとしたら、借入はすべきではありません。

例えば

  • 給料日前でお金が足りない
  • まとまったお金が入ってくる
  • 今月は急な出費が多かった

など、お金が入ってくる予定や今月は出て行くお金が多かったなど、
お金が無いわけではない状態の場合は借入することも方法の一つだと思います。

返済の目途を立てるためには

借入する金額や返済をどのくらいの期間で考えているのかにもよりますが、

自身の収入との割合を考えてみて、毎月の可能な返済額を算出してみてください。
ギリギリの額ではなく少し余裕を持って考えて、いくらぐらいの金額であれば
返済にまわせるのかを考えると良いです。
どうしてギリギリではなく余裕を持った方がいいと言ったかというと、
大抵の場合計画通りの支出では済まず、使ってしまう事が多いからです。
そのため余裕を持っておくと、借入した場合も、その分楽に返済できます。

また、消費者金融の返済はミニマムペイメントが設定されている事が多いので、
返済が長期化する可能性もあります。
余裕をもっておくと、少しあまったりしたときに
多めに繰り上げ返済をしたりすると、
元金が減るので、早く返済する事ができます。

返済の目途がないのに借りる事は無謀なので絶対に止めましょう。
借入する場合は収入から どれくらい返済が可能なのかを計算してみましょう。

もしも近いうちに、まとまった収入の予定がある場合などには、
いくつかの大手業者などで用意されている、無利息キャンペーンを利用することで、
よりお得に借り入れを行うことが可能となります。
業者によりますが、初めての利用の場合で、1週間以内や30日以内に
返済を行うことを条件としている場合が多いです。
また、初めてでない場合にも対応しているキャンペーンもありますので、
こういったキャンペーンを利用するのもよい選択肢だと思います。